« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

10/12/28 侵略!イカ娘 12話

ついに最終回、凄く残念な気持ちでいっぱいです
こんな気持ちになったのは、アニマル横丁の最終回以来だなぁ
いつもよりも画像多目で最終回感想スタート
--
12-1「戦わなイカ?」
Ika12001
最終回に相応しく?
アニメ侵略!イカ娘のオールスターでビーチバレー大会
大会開催はともかく、商品がく酷い
1位が3D液晶テレビ、2位がPSP、そして3位が画像荒くて見えないけど
3位入賞してやっとポケットティッシュって酷すぎるw
Ika12002
イカちゃんの字が上手くなってる・・・
ちゃんと練習してるのかもしれない、コミックでは余り書かないし
もっと潰れた様な字も可愛かったけどw
Ika12003 Ika12004
大会中、清美との対戦で「手加減してねー」と言われて
デレデレになるイカちゃん、これ早苗がみたらヤバイ気が
なんて思った人が結構居たはず
デレデレのイカちゃんも天使過ぎる
Ika12005
こんなに参加者居たの?って位に横長のトーナメント表
どうみても1日で終わる人数じゃないのが笑えるw
て言うか、参加者にランティスとかテレビ東京とか
他にも色々とヤバそうな名前が微妙に変更されて面白かった
Ika12006
原作とは違い、本当に優勝しちゃったイカちゃん
念願の3Dテレビをゲットし、早速エビを3Dで表示!
しっかり箸を用意してるイカちゃんは偉いと思う
それにしてもシュールな画だなぁw
--
12-2「ピンチじゃなイカ?」「もっとピンチじゃなイカ?」
最終回は2話構成
Ika12007 Ika12008
いきなり超展開
触手が突然動かなくなり(前話のバレーではガンガン動いてたのに)
あまりのショックにイカちゃんは地上侵略は一時諦めて
一旦海に帰る事を皆に宣言しますが・・・
誰一人として引きとめる者もなく、本当に海に帰ったイカちゃん
(本当は引き止めて欲しかったらしい)
そして「どうせネタだろうw」と思っていた
イカちゃんの愉快な仲間達は、本当に戻ってこない事を知り
ガックリしてしまいます
--
12-3「もっとピンチじゃなイカ?」
前話のピンチはイカちゃんのイカ機能が無くなった事でしたが
更にピンチとは一体・・・
Ika12009 Ika12010
イカちゃんが海に戻り1年も時が流れ
ある日突然イカちゃんが帰って来ました
皆とても喜びますが、イカちゃんはショートヘアーになっていて
語尾が「ゲソ」から不自然に「だわ」に変わっていて困惑しますが
とにかくイカちゃんが帰って来た事に一安心
しかし1年も時が流れてるけど、皆顔も背も全く変わってないw
この辺はちゃっかりサザエさん方式に基づいてるんだろうなぁ
Ika12011 Ika12012
発光や触手が無くても、夜は懐中電灯使ったり
料理を運ぶのにも普通に手を使って当たり前に生活するイカちゃんに
タケルが「イカ姉ちゃんはそんなんじゃない!」と今の存在を全否定
「イカ姉ちゃんはもっと元気で、威張ってて、でも失敗ばっかで
でもめげなくて、今のイカ姉ちゃんは、イカ姉ちゃんじゃない!」
個人的にこの台詞が12話で1番良い台詞だと思います
不覚にも感動してしまった・゚・(つД`)・゚・
それにしても、イカちゃんは何でまたバイトしてるんだろうw
1年経ったのに壁直ってないし、ていうか以前3馬鹿に破壊されて
元通りに直った筈、って・・・壁穴も元通りにしたのかも・・・
なかなかやるなぁ(何を?w)
Ika12013
タケルの言葉にショックを受けたイカちゃんは
1人海辺に座り「私はどんどんダメになってる気がするんだわ」
呟き落ち込んでいるところに、謎の少女が来て
イカちゃんに優しく語り掛けます
「そんな事はないんじゃないかしら」
(中略)
「実際に人間と対面してみて、良い人間共も居たでしょう」
ちゃんとイカちゃんに合わせて侵略者向けに話す所が素晴らしい
多分この子が噂?に聞く「タコ娘?」じゃないかなと思う
色も赤いし、それにしても海の生き物は何でこんなに可愛いのw
その後、謎の少女は触手機能が使えなく侵略も出来なくなり
どうしたらいいか分からないとショゲているイカちゃんに
「あなたはどうしたらいいか分からないって言うけど、それは違う
あなたがしたいと思う事をする事、それが大事なのよ」
地味にかなり意味深な気がするけど
多分「触手機能があった頃のイカちゃんのままでok」って事かな
そして謎の少女は去り際に
「あなたはひとりぼっちじゃない、それを知っておいて」
Ika120132
イカちゃんが「?」顔だったのが印象的だった
謎の少女はタコじゃないにしても、別の海洋生物なのは確定
未だに原作でも人間界?での名前しか明かされていないし
今後も突然現れては「鍵」の様な言葉を伝えに来るんだと思う
Ika12014
栄子と海で泳いでいると、3馬鹿の妙な実験のせいで
海に謎の大渦が出来て、2人を吸い込んでしまいます
今のイカちゃんはイカ機能が無いので、泳ぐのも犬掻き・・・
確か以前、蛇足(手)だけで泳ぐ練習をしてたのが
ここでちゃんと生きててちょびっと感動w
Ika12015 Ika12016
渦に飲み込まれ、どんどん沈んで行く栄子を見ながら
本当なら楽々助ける事が出来るのに、今の自分では
何もする事が出来ない悔しさに涙を流すイカちゃん
これが12-3「もっとピンチじゃなイカ」のサブタイ理由だと思う
1話前の12-2「ピンチじゃなイカ」は自分のイカ機能の事
つまり自分のイカ機能の事よりも
今まで一緒に生活して来た栄子の事の方が大事と言う事
うーん、泣けるなぁ(;_;)
Ika12017 Ika12018
自分自身の悔しさが頂点に達したからか
新たな触手がニョキニョキと生えて?来た!
お陰で無事に栄子を助け、自分も大渦から脱出成功
「復活でゲソ」
かなり照れ臭そうに言う演出も最高にグッド
この後、ちゃんとオチがありますがあえて省略
(個人的にこのままエンディングでも良いと思うので)
Ika12019
エンディングはいつもとは違う特別バージョン
中でもお気に入りは、浴衣を来てるイカちゃん!
オープンニングのとは色が違い、ピンク色がとても似合ってて
信じられない位可愛くて可愛くて最高!
でも最終回だと思うと、逆に泣きそうになってしまった
Ika12020
エンディングラスト
いつも海をじーっと観ていただけのイカちゃんが
最後はこちら?に向かって走ってきます
これはもしかして2期は3Dフラグって事!?w
--
本当のおしまいに、一言
はっきり言って名作です、神作品です
性別年齢を問わず、誰にでも薦めたい素晴らしい作品でした
同じ時期に「俺の妹がこんなに(略)」もありましたが
あちらは商業的には大成功だけど、アニメ的には・・・
並のアニメよりはちょっと面白い位だった(超主観)
どう考えてもアニメ的にはイカ娘の方が大成功だと思う
2期を観たい為に、思わずイカ娘のBDを買ってしまったし
もし2期があるなら今度は是非「夏」に放送して欲しい物です
しかし1つのアニメが終わってここまで残念で悲しいのは
滅多に無いので、アニメ版イカ娘のスタッフの皆様には
本当に感謝の言葉を山盛りで送りたいです
「こんなに楽しく面白い作品を作ってくれてありがとう!」
では、また2期があれば・・・( ´ω`)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/23 ハートキャッチプリキュア! 44話

プリキュアに会いたい小さな女の子の願いを聞くお話
でも何故かデザトリアンは大きなお友達と言う謎の話しでもあったり
相変わらず支離滅裂だけど、結果は良かった?のかな
Hc440003 Hc440004 Hc440005
幼少期つぼみは、超引っ込み思案と言うのはもう誰でも知っての通り
なかなか友達の中に入って行けずに、お花とばかり遊んで居たから
ちょっとだけ電波入ってるのだと思う
そこがつぼみの魅力でもあるので、引っ込み思案な性格も
結果的にokなら問題無いのかも?w
Hc440006 Hc440007
まゆかちゃんのプリキュアに会いたいと言う願いを叶える為に
「実は私、プリキュアとお友達なんです」
そしてこのドヤ顔であるw
たまたまgifアニメを拾ったので貼り貼り、可愛いなもう!
Hc440008
「お姉ちゃん」と呼ばれて、もうすぐお姉さんになるつぼみは
うっとり顔で悦に浸りまくり、ホント気が早いと言うか
その内に飽きる位に呼ばれて、最後は名前で呼び捨てだよ!
と、夢も希望も無い事を書いてみたりw
Hc440010 Hc440011 Hc440012
今話の謎シーン、さっきまでの展開と180度変わり
クリスマスケーキの路上販売のアルバイトをする青年が登場
街行くカップルを見ながら「俺にはプリキュアが居る!」
って、この携帯の壁紙がすんごい欲しいんだけどw
そして更に謎な事に、突然後ろにクモとコブラが登場
いくらなんでも無理矢理過ぎませんかねぇ?
クリスマスのリア充カップルを見続けて、心の花がが弱った
謎のお兄さん(名前も無いんですよ・・・)から心の花を奪い
デザトリアンの登場~
この展開もう最終回間際だし、無理にやる必要ない様な・・・
Hc440013 Hc440014
この時間に友達にプリキュアに会わせると約束していたまゆかちゃん
事前に打ち合わせしていたつぼみ達も、そろそろ登場し様と思ったら
ポプリが来て、デザトリアンの登場を告げます
仕事に厳しいゆりさんは、子供に自分達をみせる事よりも
今も1人で戦っているサンシャインの援護に今すぐ行くべきと
当然の事を言います、もちろん誰も反論出来る訳も無く
普段から、友達の気を引こうと小さな嘘ばかり言ってきた
まゆかちゃんはまたも嘘吐きのレッテルを貼られてしまうの?
Hc440015 Hc440016 Hc440017
2対1でかなり押されて、サンシャインが大ピンチの時に
ムーンライトが「ウチの若いのが世話になったのぉ」的に登場
本当にそうにしか見えないのが怖いw
些細な事かもだけど、サンシャインが捕まってるシーンは
今のご時世テレビ的にアウトな気がする、いやまぁ色んな意味でw
Hc440018
今話の見せ場で2番目に良かった所
小さいサイズですがgifアニメにしたので欲しい方どうぞ
どうみても「石破ラブラブ天驚拳」(Gガンダム)にしか見えない
でも正しくは「プリキュア・クリスマス・インパクト!」
つまりクリスマス限定技です、凄く珍しいです・・・
Hc440019 Hc440020 Hc440021
押され気味になったクモとコブラは
ダークブレスレットの力で、2人同時にデザトリアンと同化
これは結構強いんじゃないの?
流石のプリキュア達もあっさり凍り付けにされてしまい
何か刺さってる様に見えるのだけど、きっとイメージ映像?
Hc440022 Hc440023
全てお見通しな薫子さん、プリキュア達のピンチと
まゆかちゃんのピンチも同時に解決し様とコッペ様に
何やらお願いをして居る様ですが・・・
Hc440024
さっさとプリキュア達に止めを刺せば良いのに
何故かそれをせずに遠く離れたプリキュア基地付近まで来て
「この大きなツリーを倒せばどうのこうの」と意味不明な事を開始
不幸にもその場に居合わせた子供達の運命や如何に!
Hc440025 Hc440026 Hc440027
と、思ったら謎の光が子供達を救います、それも圧倒的な力で
その正体は前話の予告でもあった、まさかのキュアフラワー!
やっぱり若返るだなぁ、当然だけどw
Hc440028 Hc440029
「聖なる光に輝く一輪の花、キュアフラワー」
フラワーかっこ良過ぎる、何故もっと早く登場しなかった?!
Hc440030 Hc440031 Hc440032
Hc440033 Hc440034 Hc440035
余りにも強すぎるキュアフラワー
バリヤーだって360度完全防御型、攻撃も自らの分身を4人も出して
凶悪なデザトリアンもあっさり撃沈、強い強すぎる・・・
個人的にはこのシーンが今話でNo1でした
Hc440036 Hc440037
こんなにも強いのに、フィニッシュ技は使えないので
ブロッサム達を救出に謎の光を放出
凍り漬けだった4人を楽々解凍(電子レンジみたい)
4人共、あのムーンライトすらまるで子供の様に
フラワーに駆け寄りとても嬉しそうだったのが印象的
この後、巨大女神の拳でデザトリアンは浄化されますが省略
Hc440039 Hc440040
ある意味、今話の被害者であり最も得をした「無名のゲストキャラ」
助けて貰えた上にプリキュア達「5人!」のクリスマスカードまで貰えて
普通に私も欲しくて欲しくて、ここまで妬ましいと思った事は無いw
しかし本当にこのゲストのお兄さん何だったのかな?
心の叫びは「リア充爆発しろ!」みたいな事を言ってただけで
別に説教もされず、心の花の説明もなし
ここ最近、そんな使い捨てキャラが増えた様な?
Hc440041
戦いが終わって、再びキュアフラワーに抱きつくブロッサム
シプレ「ブロッサムは甘えん坊ですぅ」
まぁ、自分の本当の家族だし、普通なら一生会えない筈だから
嬉しくて嬉しくてしょうがないんだと思う
それにまだブロッサムも14歳だし、全然問題なし!
Hc440042 Hc440043
現場は変わって、ツリーの前で本当にプリキュア見る事になった
まゆかちゃんの友達3人「嘘吐きなんて言ってゴメン」と謝りますが
当のまゆかちゃんは本当は嘘を言ったのに
偶然プリキュアが来た様な物だから、実に気まずそうにしながらも
「嘘だったの」と真実を語ります
そして今まで嘘を言ってたのは、皆と仲良くなりたかったからと
自分の本心を言いいますが、逆にそう言われた友達は呆れ顔で
「(今までずっと)まゆかちゃんの事を友達って思っていたよ」
どうやら、友達が居ないと思っていたのはまゆかちゃんだけで
他の子供達は皆まゆかちゃんを友達だと思っていた様で
ハートキャッチの伝統になりつつある
「口に出さないと伝わらない」的な展開でした
笑顔で帰って行く、子供立ちを見送りながら
これにて今回のプリキュアお仕事、一件落着~
Hc440044
と締めたかったのに、最後の最後でデューン登場
薫子さんが恐らく最後の力を振り絞り変身したのは
現プリキュア達を助ける為や子供達の願いを聞くのはもちろん
このデューン登場が分かって居たからでは?と思う
現プリキュア4人よりも更に強い力を持つフラワーが居ても
多分このデューンを押さえるのは容易では無いんだろうなぁ
Hc440045
次回予告
「もうダメです・・・世界が砂漠になりました・・・」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工、もうダメなの?!
ていうか過去形なのが凄く怖いんですけど・・・
まだ最終回まで1ヶ月ある筈なのに、えらく急展開だなぁ
もっともプリキュアシリーズではいつもの事ですがw
次回もハートキャッチされまくりっ♪
--
終わりに少し
嘘吐きはどう言い繕っても悪い事なんですけどね
それを友達が欲しいと言うキーワードで濁してる感が
ほんの少しだけ気になった
後は意味不明の登場をしたデザトリアン
何のサービスか分からないけど、何でもありなのはどうかと
前も書いた気がするけど、もう最初から適当な物に同化させ
いきなりデザトリアン出した方が放送尺的にも良い様な
「ダークブレスレットにはこんな使い方もあるぜよー」みたいな
ちょっと今話は叩き分多めですが、その他は凄く良かった
特にフラワーの活躍シーンは最高にグッド!
次回が本当に楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/23 侵略!イカ娘 11話

今話はイカちゃんメイン回ではないので少し残念
--
11-1「人形じゃなイカ?」
Ika11001
ゲームする時にコントローラーをつい動かしてしまう
これ観た時に思わず「あるある!」と思った人が居る筈?
最近はワイヤレスコントローラーだから思い切り動かしても
本体が激しく動かないので安心です
Ika11002
これまた良くあるあるパターンで
うつ伏せになり漫画を読む時に、脚をペチペチ
漫画を手に持ったまま、ポテチを触手で取れるのは便利だなぁ
Ika11003
幼少期の栄子
可愛いけど、やっぱり同じ髪型だったw
確か老人化してもこの髪型だったので、もしかして固定されてる?
--
11-2「疑惑じゃなイカ?」
イカちゃんの出番は殆どありませんでしたが良さげなカットを少し
Ika11004 Ika11005 Ika11006
順番に「落ちて割れたグラスの1部が浮かび上がり驚きのポーズ」
「謎の蚊(3馬鹿作成)が周囲を飛び回ってるのを気にしている所」
「最強の千鶴を目の前にして、涙目のイカちゃん」
個人的には2枚目が「?」な感じで可愛いと思う
--
11-3「登山しなイカ?」
Ika11007
相澤ファミリーで登山に行く事になりイカちゃんも強制同行?
海の生き物なのに、山登りと言うシチュエーションがとてもシュール
登り始める前から逃亡し様とするイカちゃんの気持ちも分かります
Ika11008
ここはゲソ~ゲソ~と言いながら歩いて欲しかった
しかしイカちゃんと山は合わないなぁ(^^;)
Ika11009 Ika11010
今話最大の見せ場(だと思う)
イカちゃんvsキングコブラ(何故日本に居るw)
触手をマングース?と思われたと言う話だけどかなり苦しい
もちろんキングコブラに勝てる訳も無く、伸されるんですけど
イカちゃんが噛まれたりしなかったのが心配でした
触手だけ狙われたのかもしれないw
Ika11011
初めて観る、山の上からの海に感動したのも束の間
「何もかもが小さくて、全部踏み潰したくなるでゲソ」
侵略者としてのプライドもまだちゃっかりあったみたい
この後、山に向かって叫んで帰ってくる声に反応し
自分のやまびこと喧嘩するイカちゃんも良かったですが
Ika11012 Ika11013_2
近所までケーブルカーが来てる事を知り、怒るイカちゃん
それを使って登って来たカップルを見て
「ズルはイカンでゲソよ、ズルは(略)」
「景色を見たかったら、歩いて登ってくるでゲソ!」
相変わらずイカちゃんらしい、肝の小さなオチでしたw
--
次回はとうとう最終回
なんだかとっても寂しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/16 ハートキャッチプリキュア! 43話

Hc43001
つぼみに14歳年下の妹か弟が出来たお話
病院で大声で話してたのはどうかと思ったけど
些細な事なのでしょう
Hc43002 Hc43003
「目出度い」≒「目デカイ」の親父ギャグに対する3人の反応
呆れてるえりか、愛想笑いのいつき、本気なのか分からないゆりさん
しかしつぼみのお父さんのテンション高すぎで笑ったw
Hc43004
もう里帰りで産休?貰ったつぼみのお母さん
一体何ヶ月お休みするつもりですか(^^;)
今からだと10ヶ月間位?きっと途中で戻ってくると思う
Hc43005
エプロン姿のつぼみ可愛い!
随分前にも書いたけど、もしお嫁さんにするなら絶対つぼみだなぁ
ゆりさんも良いけど、あまりにシッカリしててry(妄想終わり!)
Hc43006 Hc43007
お母さんに代わり朝食を作ってみたけど、ちょっと失敗(´・ω・`)
でも美味い!と言ってモグモグ食べるお父さんは偉い!
こういう場合、褒めて伸ばすのはありだと思う
Hc43008 Hc43009
えりか、いつき、ゆりさん達がお店の手伝いに登場
みんな優しいなぁ・・・私だったらそこまで出来ないかも(^^;)
そんな中、老婆と孫の2人組みが結婚式用のブーケを買いに来ます
ブーケは普段お母さんが担当してるのだけど今は不在なので
つぼみが代理として初担当!
こうしてフラワーショップの2代目は成長して行くんですねー
Hc43010
なかなか良い案が出ないつぼみは、買い物に来ていた
孫娘のカスミちゃんが元気が無い様子だったのを思い出し
もう1度会って話をしてみる事に
この間、お母さんと電話で相談したり
そのカスミちゃんの両親は親に結婚を反対されたまま
ずっと一緒に居て、2人目の子供が出来てやっと結婚の許しが出たとか
そんな事があったけど画像など省略
Hc43011
カスミちゃんの家に行く道中、衝撃の事実が!
つぼみが産まれた時の話になり、ちょうど窓の外につぼみが・・・
「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」確かにつぼみは可愛い名前だけど
こんな理由で付けられたのは本人的に嬉しい事なんだろうか?
アニメの中のつぼみは喜んでたけど、私も実は似た様な理由で
産まれた時にたまたまテレビで水泳の大会をやってて
その時の優勝した人の名前から・・・聞いた時に泣きそうになった
Hc43012
カスミちゃんの話を聞いた限り
どうにも新しく産まれた妹に、両親が付きっ切りになって
自分は放置されたみたいな感じで面白くない
よくある話だけど、私にも下の弟や妹が居るので良く理解出来る
こればかりはどうする事も出来ない
自分だって最初は両親に付きっ切りで面倒みて貰ったのだから
なんて事をカスミちゃん位の年齢では分からないのが
観ていてじれったさを感じるw
Hc43013
つぼみと話している内にイジけて何処かへ走って行ってしまった
カスミちゃんはクモジャキーに見つかり、弱った心の花を・・・
今回は時間が無いのか、クモジャキー自らの剣と同化させます
Hc43014 Hc43015
珍しくブロッサムのみの変身シーン
地味にバージョンが上がってる?かもしれない
初期の頃に比べて更に可愛くカッコ良くなってて嬉しかった
Hc43016 Hc43017
デザ「パパもママも私の事を好きじゃないんだもん!」
(金朋先生の声から分かりやすく編集していますw)
ブロ「子供を好きじゃない親なんて居ません!
(中略)思い出してくださいカスミちゃんだって
妹さんが産まれるのを楽しみに待って居た筈です!」
ブロッサムの説得が効いて、カスミちゃんも妹が産まれる前の
自分の気持ちを思い出し、良い感じだったのに
クモジャキーがダークブレスレットで凶暴化させてしまいます
Hc43018 Hc43019
クモ「愛だの家族だのくだらんぜよ
大切なのは勝つか負けるか、それだけぜよ!」
ブロ「カスミちゃんの家族や妹さんを思う気持ちを
戦いの道具に利用するなんて、私(ry」
自然な流れでキレ台詞が決った、でも今話は話の流れ的に
少々強引な所があるのでプラスマイナスゼロ?
主にはやっぱりお母さんのいきなりの妊娠でしょうか
そちらがメインかと思えば、何故か花屋のお客さんの方が
メインになってしまったのが惜しまれます
これも女児向け的にしょうがなかったのかな
Hc43020 Hc430202
省略しようかと思いましたが一応
今話も巨大女神様のゴッドフィンガーでズバッと解決!
クモジャキーも粘りましたが、やっぱり無理でしたw
しかし今話のつぼみ(ブロッサム)異常に可愛い!
つぼみ好きとしてこんなに嬉しい事は無い
Hc43021
もう1点強引だと思った所
カスミちゃんの心を花を取りも出した後
何の前振りもなくいきなりカスミちゃんの両親が登場し
「今まで構ってやれなくてゴメン」みたいな展開に・・・
時間の制約だからこれもしょうがないんですが
一言でも前振りみたいのが有れば話にも深みが出た気がする
カスミちゃんも両親からそう言われたのと
ついさっきブロッサムから聞いた話で少し成長したのか
「我がまま言ってゴメンなさい、私お姉ちゃんだから
ちょっとだけなら我慢する」
子供らしい素直な返事、良い子だなぁ
Hc43022 Hc43023
つぼみ「流石先輩ですね!私ももうすぐお姉ちゃんになるんです
だからカスミちゃんはお姉ちゃんの先輩です!」
まだちょっとだけイジけた部分があったカスミちゃんも
つぼみのさり気ない一言に上機嫌
これにて本日のプリキュア仕事も一件落着
Hc43024
無事につぼみが作り上げたブーケは
カスミちゃん家族の誕生花を全て取り入れ
「家族がこれからもしっかり繋がって居る様に」
と言う願いを込めたブーケになりました
しかし両家のご家族も揃った写真
誰か何年も結婚に反対したのかが非常に気になりますw
写真を見た限りそんなに意地悪そうな人は見えませんが
もしかして恥ずかしくて式に来てないのかも
Hc43025
次回予告
「クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!」
おお!まさかのキュアフラワー登場!?
いよいよ最終回に向けて大きな進展がありそう
次回もハートキャッチされまくりっ♪
--
終わりに少し
感想途中にも書いた通り、つぼみメイン回かと思ったのに
実はいつもと同じ、ゲストがデザトリアン化する普通の話し
観ようによってはつぼみメイン回とも観れますが
とは言え、サブタイトルの「私、お姉さんになります!」
何処にも「つぼみがなる」とは書いてないし・・・
上手い事サブタイトルを付けた物だと思います
それはさておき、つぼみのお母さんはこれで退場?
これで次回から普通に戻ってたらそれはそれで面白そうw
--
今話は、と言うか今年の冬は体調が思わしくなく
ゆっくり書ける時間も取れそうも無いので
メインのつぼみ以外の他3人を取り上げる事が出来ず
自分の不甲斐なさとは言え無念でなりません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/13 侵略!イカ娘 10話

イカちゃんが何か描いたり、作ったり、活動したりと
見所満載だった10話、個人的にミニイカ回と同レベルだと思う
--
10-1「てるてる坊主じゃなイカ?」
Ika10001 Ika10002 Ika10003
イカちゃんが「触手」で書いた似顔絵
左から千鶴、早苗、自画像
この順番で激しく笑ってしまった、千鶴怖すぎだよ!
早苗は確かにこんなイメージかも、自画像は・・・誰?w
Ika10004
これもイカちゃん作成「てるてる坊主」
首を吊ってるのだからと、死ぬほど苦しんでる顔で
大量に作ってしまったらしい
実際に吊るしたらホラー映画観るより怖いかも
Ika10005
「天使の笑顔!」
これ以上の説明は不要、イカちゃんてるてる坊主マジ天使!
--
10-2「好かれなイカ?」
栄子から、イカちゃんから嫌われてるだろと言われて
「今更」気付いたらしい早苗は、この強引な性格を直そうと
根性の「イカ娘絶ち」を慣行
Ika10006 Ika10007 Ika10008
好きな物を無理に我慢した結果がコレ
まるで生きた死人・・・最後はイカちゃんに関する物を
全て焼却して、まるでゾンビの様な顔で涙を流す早苗
原作でも酷い顔だったけど、アニメ版は更に酷い・・・
Ika10009 Ika10010 Ika10011
頑張った(?)甲斐があって、イカちゃんの警戒心も解け
ようやくイカちゃんの方から接して貰える様になった早苗
でも・・・何か物足りない、そう思いなおした早苗は
やっぱり強引にイカちゃんに抱き付き、元の木阿弥
実に早苗らしい、良い落ちでした
--
10-3「野球しなイカ?」
清美の所属している野球部が練習試合の日
でも、ピッチャーが急病で欠席してしまい
困っている所にイカちゃんと遭遇し、代理で出場する事に
Ika10012
このカットだけでも並の野球アニメより凄いと思うんですが
監督が以前担当した「おおきく振りかぶって」(高校野球アニメ)
と言う作品のスタッフさんをゲストで呼んだそうで
オマケにしては随分立派な仕上がりでした
Ika10013 Ika10014
相手チーム最強の打者と正に一球入魂の勝負をするイカちゃん
あんな高い位置からボール来たら怖いだろうなぁ・・・
相手も腕の立つバッターの様で、ボールを捕らえただけでも凄い
しかしボールの勢いの方が強かった様で、まさかのバット破損
実際にこんな事があるのか非常に興味があります
Ika10015 Ika10016
9回裏、最後の逆転のチャンスにイカちゃんがバッター
投げるのは得意だけど打つのは・・・2アウトまで追い詰められ
もう駄目かと思ったら、最後にデッドボールコースが来て
身の危険を身体で感じたイカちゃんは本能で触手がバットを持ち
そのままスコーン!とまさかの逆転さよなら勝ち!
「触手最強過ぎるw」
Ika10017
たったの約7分で野球回をここまで完璧に入れるとは
久しぶりに良い話を観れて大満足
最後のこのカットなんて、もうこのまま最終回でも良かった位
--
次回はまたまた3馬鹿研究者の登場
こんなに出番があるとは・・・実はスタッフに気に入られてる?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/09 ハートキャッチプリキュア! 42話

ラブレター回と言う事で色々と妄想してしまったけど
そこはハートキャッチらしくまとまってて良話だったと思う
Hc42009 Hc42010 Hc42011
「これ、とうとう来ちゃったかな。私の時代が」
プリキュア基地前に放置されてたラブレターが誰宛てなのかを
つぼみえりかいつきで想像してる時に、えりかの壊れた発言がw
華麗にスルーする他3人、ちょっと冷たくないですかね(^^;)
Hc42012 Hc42013
その問題の落とし主は多分小学生の男の子ハヤト君
早速ひっ捕まえて「誰宛て」なのかを問い出すえりか
よっぽど気になるんだろうなぁ
でもハヤト君から「お前達みたいなお子ちゃまに興味ない!」
一刀両断されて超怒り顔のつぼみとえりか
まぁ、お子ちゃまにお子ちゃまと言われてもねぇ・・・
つぼえりもそこで怒ったら本当にお子ちゃまだよw
Hc42014 Hc42015
貴重なゆりさん小学生?と中学生制服版、かなりレアです
要するにこのハヤト君は、小さい頃からゆりさんと知り合ってて
とても仲良くしていたと言う話し
Hc42016
そしてゆりさんの笑顔を守りたい!と言うハヤト君の熱意を聞いて
情に脆いえりかは星を噴出しながら感動します
(この後終わりの方でもある演出ですが、何故か笑ってしまう)
某「ゆっくりしていってねっ!」の顔に見えない事も無いw
Hc42017 Hc42018 Hc42019
ラブレターを勝手に読んでしまったお詫びにと
ハヤト君がゆりさんにラブレターを渡せる様協力する事にした3人
早速ゆりさんを呼び出し、上手い事セッティングしましたが・・・
まず、そのトランシーバーは何処から持ってきたw
何よりゆりさんのすぐ頭上に妖精を配置する為の謎の手作り雲
流石にバレると思うんだけど、子供向けアニメだし良いの?かな
ともあれ結果はハヤト君の想いも虚しく
ゆりさんはハヤト君の事を弟位にしか思ってなかったと
大変よくあり過ぎて涙がでる位現実的な話しで泣いたw
Hc42022 Hc42023
当然ですが、真実を付き付けられ傷付いたハヤト君は
コブラージャに目を付けられてデザトリアンに
「俺はゆり姉ちゃんの弟なんてイヤなんだー」
ムーン「どうしてなのハヤト君」
いあ・・・そこは分かろうよ、それとも天然なの!?
マリンも「ニブちんだなぁ」と呆れてましたが本当にそうだと思う
Hc42024 Hc42025 Hc42027
パワーアップしたデザトリアンに吹き飛ばされる4人
ここで初めて「キレ台詞」では無い「説得台詞」が来ます
ブロ「コブラージャあなたはどうして戦うんですか」
コブラ「どうして?僕はただ美しい物が好きなだけさ
だが人の心はどうだい、簡単に弱り傷付き嫉妬や憎しみに染まり
美しさも欠片もない、そうさ心なんて要らない(以下略)」
うーむ、言われてみるとそんな気がしてくるから困るw
マリン「コブラージャあんた間違えてるよ」
ブロ「美しい物を美しいと感じるのは
あなたが要らないと言った心です!」
ちょっと長く引用し過ぎましたが、大事な所なので
多分にブロッサムは以前、サソリーナ最後の涙を見て
砂漠の使徒にも心がある事知ったので
今回はいつものキレ台詞でなく、人間に接する様に普通に
人間の心について語ったのだと思います
コブラージャもサソリーナの件を目の当たりした後だからか
ブロッサムの言葉に戸惑い、攻撃の手が緩みます
Hc42030 Hc42031
その一瞬の隙を見逃さないプリキュア達は女神を降臨させ
コブラージャも浄化寸前まで追い詰めますが
流石に回避されてしまいます、一瞬これで終わりかと思ったw
Hc42032 Hc42034 Hc42036
いきなりのダーク降臨
邪気眼の様な両目を開くと、凄い波動が発生し
プリキュア達を地面へ叩きつけます
スーパーシルエットモードなのに、ダーク強すぎる!!
で、このままダークと戦うのかと思ったら何故か退散
今話は強くなったダークの御披露目だけ?
Hc42038 Hc42039 Hc42040
昔某テレビ番組であった「勇気を出して初めての告白」
と言うミニコーナーを思い出したw
ハヤト君勇気を出して、ゆりさんに自分の気持を伝えます
まだ年齢が年齢ですので、愛してる!付き合って下さい!
とかそんな感じでは無く
「これから大人になるまで時間が掛かるけど
いつか立派になってゆりさんを守れる男になるよ!」
そんな意思表明的な物でした、なかなか清々しい子だなぁ
えりかも「(良い)男だなぁ」と無駄に感涙、私も同意です
ゆりさんも満更でも無さそうに、少し照れながらも
嬉しそうにしていたのが印象的でした
Hc42041
ハートキャッチのお約束
昼間だったのに、何故かいきなり夕日をバックに(略
他の3人も気を効かせて、早く帰ればいいのに
一体何時間、2人を見ていたんだろうかw
Hc42042
次回予告
「あたらしい家族!私、お姉さんになります!!」
わぉ!いきなりの超展開!
最終回間際に何故この展開?きっと意味があるに違いない
と、またも私お得意の無駄な脳内考察が激しく大回転
回りすぎて元の位置に戻って来そうな勢いです
一体どんな展開になるのか検討も付きません
次回もハートキャッチされまくり♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/07 侵略!イカ娘 09話

殆どが早苗無双回と言うべき9話
--
9-1「ピンポンダッシュしなイカ?」
Ika09001
ここまで土下座をする侵略者はイカちゃんが初めてじゃなイカ?
しかしまさか清美まで登場するとは思わなかった・・・
後3話しか無いのに一体どこまで登場人物を増やすのだろう
Ika09002
勝手に友達を連れて来た事にビクつくイカちゃん
やっぱり居候してるって言う認識あるんだと思う
それプラスいつもの被害妄想、イカちゃん脳内千鶴さん怖すぎw
Ika09003
出会いはピンポンダッシュだったけど親友になれた2人
イカちゃんは自分が今から千鶴におしおきされるのかと思い
清美と今生の別れ惜しむ様に抱き合う
いつものイカちゃん脳内暴走なんだけど、何か良いシーンだなぁ
--
9-2「メイクしなイカ?」
Ika09004
栄子から貰った口紅を千鶴に塗って貰ってお色気度アップ?
個人的にはイカちゃんはノーメイクの方が可愛いかな
ちょっとのお洒落を早苗に見つかり凄い妄想が広がりますw
左上はともかく右下は無いw
Ika09005 Ika09006 Ika09007
イカちゃんから口紅を頂こうと付回す早苗を振り払う為
海の向こうへ放り投げた口紅を、全力で泳ぎゲットした早苗
一体どんだけ泳いだの?モアイ像とかあるし・・・
ここで今話最高に笑ったのが
必死に手に入れた口紅が判子だった事、大笑いしてしまったw
「イカちゃんの嘘つきー!でも愛してるー!」
早苗キャラ良すぎw
--
9-3「秘密兵器じゃなイカ?」
Ika09008 Ika09009 Ika09010
再び早苗暴走回、イカちゃんが栄子とばかり仲良くして
最近では一緒に寝る仲になってるとか(被害妄想ですw)
更にシンディも触手に巻かれたり、イカ墨を掛けられた事があると
早苗に自慢(自慢なの?w)し始めて、変なスイッチが・・・
「せめて私にも同じ事をやってよ!むしろもっと激しく!」
これで満足するんだから、変態とかそんな次元超えてるw
いや愛の形は人それぞれなのは分かって居ますが・・・
Ika09011 Ika09012
自称3馬鹿、再び登場(もう出ないと思ってた)
発明品の話しになり「身体を透明にする弾」と聞いた早苗が
即効で想像したのがこの酷い妄想w
どんだけ自分の煩悩に素直な子なんだろう(^^;)
私も早苗みたいなフリーダムな考え方が出来たら、と毎回思う
--
エンドロール
Ika09013
前話の寂しいカットと違い清美とのツーショット
ホントに仲良しだなぁ、早苗がみたら大変な事になりそうw
次回は野球回らしいので楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/02 ハートキャッチプリキュア! 41話

Hc41001
このクオリティ、伊達にプリキュアのパートナーしてないと思う
後でこのシーンに合わせてだと思うけど同じ決めポーズがあるので
比べてみると凄さが分かると思う
Hc41002 Hc41003
今話のメインステージは幼稚園
優しさが売りらしいノリコ先生は園児達の人気者で大忙し
でもノリコ先生当人は、自分が人気者だと言う自覚は無く
園児達と上手くコミュニケーション出来てるのか
自信が無い様で、何故かストレス溜まり気味?
少し前の話で、はるかちゃんとるみちゃんはいつ知り合ったの?
とか素朴な疑問と妄想を抱いたけど、同じ幼稚園だったのね
やっぱり少子化の並は希望ヶ花市にも来てるらしい
Hc41005 Hc41006 Hc41007
つぼみえりかいつき人形劇団(長いw)の開演~
えりかの篤過ぎる演技?に園児達もマジ引きもといマジ驚き
ちょっとやり過ぎな気がしたのは、自分が悪役だから?w
地味にドン引きしてるつぼみといつきも面白い
Hc41008
自分に自信が持てないノリコ先生は自分より先生らしく
園児を扱うゆりさんを羨ましく思ったのか更に自信無くします
流石ゆりさん!何でもこなす完璧超人
Hc41009 Hc41010
幼稚園と言えばお昼寝タイム!
つぼみがちゃっかりいつきに添い寝してる辺り笑ったw
えりかは呆れたのか横ですっ転ぶ様に寝てるのも良い
Hc41011 Hc41012
デザトリアンにされたのはもちろんノリコ先生
ここで今話感想の1番上の画像とこの画像を比べると・・・
「忠実過ぎる」今話最もやりたかった事なのでは?
Hc41013 Hc41014 Hc41015
暴れるデザトリアンの流れ弾から園児達を守るのはゆりさんの役
相変わらず「デザトリアンなんざ素手で十分」てな感じで
普通に心の種の力を使いバリヤーでガード!
Hc41016 Hc41017
「子供達が可愛い、でももっと言う事を聞かせなくっちゃ」
久しぶりに聞いた気がするデザトリアンの心の叫び
情けなくどうすればゆりさんみたいに上手く出来るのかと
泣き言を言い始めるデザトリアンに
ゆりさんは本物の怪物の怖さに泣き叫ぶ園児達を見せます
Hc41018
ゆり「聞こえるでしょ、目覚めた子供達が真っ先に叫ぶのは
大好きなノリコ先生の名前なの、あなたの変わりは何処にも居ない
それなのに自分を見失ってどうするの」
高校1年生に説教される社会人って言うのもシュールだなぁ
しかも思いきり正論だし、デザトリアンも正気を取り戻し掛けますが
クモジャキーがトリプルダークブレスレットで超凶暴化
Hc41019 Hc41020 Hc41021
超凶暴化しても、見た目がファンシーなのであまり怖くないw
今話は特にバトル中の動きが良く、見ていてとても気持ちよかった
サンシャインの蹴りが何か中国拳法ぽいのは気のせい?
Hc41022 Hc41023 Hc41024
お約束?ですが、超凶暴化したデザトリアン相手に3人が手間取り
もたもたしてる内に「主役登場!」とムーンライト登場!
早速3人に指示を出し、自分が率先して囮になるべくダッシュ!
本当に段取りが良く、パーフェクトな先輩って感じが実に良い
裏の主人公は間違いなくムーンライトだと思うw
Hc41025 Hc41026 Hc41027
サンシャインのバリヤーはいつもの事として
ブロッサムシュートってもしかしてビーム系?何かカッコ良い
でも小出しにする分威力は弱そうなので、煙幕兼対弾幕用とみた
マリンダイブはエフェクトもパワーも超上がってて驚いた
これだけ強い蹴りなら、ムーンライトさんの蹴りに近いかも
Hc41028
「鏡よ鏡、プリキュアに力を」
女神様にお願いして「パンチでドーン」これ強すぎな気がするw
噂のデューンはもちろんこんなパンチで倒れないよね?
無事にデザトリアンを浄化出来て一件落着
Hc41029 Hc41030
園児達が自分を思う気持ちに気付く事が出来たノリコ先生は
自信が付いたのか、園児達を優しく抱き締め「皆大好き」と一言
これから楽しい保母さんライフが待ってる事でしょう
つぼみ「ベニバナの花言葉は「包容力」子供達を包み込む優しい心
それを持っている自分自身を思い出したんですね」
最後のつぼみのカットが妙に大人びててちょっぴりドキドキ
Hc41031
めでたしめでたしの後に・・・
何やらダーク久々の登場かと思ったら、まさかの強化手術中とは
プリキュア側が4人+女神パワーで来るから当然の事だけど
あまりパワーアップさせ過ぎて暴走とかなったらヤダなぁ
ダークも結構好きなので、最後は何とか綺麗にまとめて欲しい
Hc41032
次回予告
「とまどいのゆりさん!ラブレター見ちゃいました・・・」
まさかの恋文編とか、後9話も無いと思うけど余裕あるのかな?
画像のえりかは「ゆっくり顔」で面白かったのでつい貼り貼り
次回もハートキャッチされまくり♪
--
終わりに少し
リアルな事ですが、実は先週から訳有って少しだけ難聴になり
治療に専念する事にしたので、ハートキャッチとイカ娘だけは
縮小してでも最終回までやって、それからこのサイトは休眠予定
難聴は怖い病気で、不摂生が主な原因らしい・・・
早寝早起き、規則正しい生活がやはり全ての基本(当たり前)
ハートキャッチの方は最終回どうなるか検討も付きません
きっとデューンが大暴れして終わりか、ミラージュが破壊されて
まさかの大ピンチになり奇跡の大逆転劇とか・・・
その程度の事しか思いつかない体たらく(;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »