« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

11/04/23 スイートプリキュア 06話

もう定期更新は諦めた、あかりんです
--
ミラクルベルティエをゲットするお話なんだけど
プリキュア定番の「兄弟話」も同時進行
--
Sp0601 Sp0602_2 Sp0603
全然言う事を効かない弟(奏太)を怒ってばかりの奏に
つい響が口を挟んでしまい
「弟が居る苦労なんて響きには分からないわよ」
基本怒り虫?な奏にガツンと現実を突きつけられ
こっそり兄弟に憧れて居た響はガックリ来ます
毎回思うけど、なんで奏はこんなに怒ってばかりなんだろう?
「分かんないよ私、一人っ子だから」
そう言い捨て走って帰ってしまった響を見送る奏は
一体どんな気持ちだったのか、うっかり言い過ぎたと
後悔してる風にも見えるけど、むしろ驚いてる様な感じ
恐らく2,3憎まれ口が帰ってくると思ったら的な
それにしても今話の作画はもうちょっと頑張って欲しかったw
Sp0604 Sp0605
後日、学校から帰宅した奏はお店の厨房を散らかして
何かをしていた奏太を発見して、いきなり頭ごなしに怒鳴りつけ
普段は打たれ強い奏太も、流石にマジ泣き&怒りで
隠し持って居た箱を捨て、走って何処かへ行ってしまいます
ちょうど入れ違いで、響が登場し奏太は奏の為にホワイトデーの
お菓子を作っていただけと教えます
兄弟では良くある「思い込みによる勘違い」パターンです
私にも妹が居るので、幼少の頃はついウッカリはたまに・・・
Sp0606
ネガトーンは当然、奏太が作って居たお菓子
段々と息が合って来て、絶好調の筈のメロディとリズムが攻撃しますが
リズムは弟が「自分が怒り過ぎてこんな事になった」と負い目があるからか
攻撃がヒットしても効きはイマイチ
ハミィ曰く、心に迷いがあるとプリキュアの力は弱まるらしい
何か後付設定っぽいですが、そういえば今までのプリキュアでも
そんな話があった様な?気がしないでもないw
Sp0607 Sp0608
リズム「私、お姉ちゃんだから
力が出ない位で大切な弟を見捨てる訳には行かないのよ!」
凄く分かるわー、いくらイラっと来る弟や妹でもやっぱり大切な訳で
つまりはそれが「家族」と言う物
怒ってばかりの奏は血も涙も無いのかと思い掛けて居たけど(マテw
やっぱり根は優しいお姉さんでした
リズムの台詞に感極まって「ぐぬぬ顔」のメロディが可愛かったw
Sp0610
奏太の「ねーちゃん何か嫌いだー、俺なんかどーでもいいんだー」
本音丸出し(当たり前ですがw)のキツイ言葉に負けず
リズム「どうでも良かったら怒ったりなんかしない!」
良い話だなぁ・・・そう、本当に弟や妹が「どーでもいいや」と思ってるなら
最初から会話もしないし、何をやらかしてもスルーです
Sp0612
「私は2人の気持ちを、お互いを思いやる心を守りたい!」
普通にリズムの方がメイン回だと思わせる展開だったのに
まさかのメロディの方が、2人の絆に感動し、その2人を守りたい!
その願いが強かったみたいで、ミラクルベルティエ覚醒
あの小さなドドとかレレとかしか喋られない謎の生物が
ここに来てついに大活躍、ミラクルベルティエと合体して使うっぽい
Sp0613 Sp0614
「駆け巡れ!トーンのリング!プリキュアミュージックロンド!」
「3拍子!1,2,3、フィナーレ!」
全く意味が分かりませんが、音楽がテーマだからこれで良いんだと思う
そんな事よりフィナーレ!って飛び跳ねるメロディが可愛すぎて辛い;;
Sp0616 Sp0617
オチ
奏と奏太から公認義姉として認められて笑顔の響(可愛い!)
で、そのホワイトデーのお菓子はもちろん強力ワサビ入り
奏太は最初からイタズラする気だったのね(^^;)
でも思いもよらぬ奏のガチギレにマジ泣きしたと
つまり奏が頭ごなしに怒ったもの間違いでは無かったと言う多重オチw
思ったより深い絆の姉弟で羨ましい
--
次回予告
「テッテテケ~!音吉さんの秘密に迫るニャ♪」
もう最初の謎の効果音的文字は要らない様な・・・
--
終わりに気になる事
Sp0618
今話から登場したこのツンツン美少女は一体?
これから物語りにどう絡んで来るのか非常に気になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/04/09 スイートプリキュア 05話

随分間が開いてしまったけど、気にせずにマッタリと5話を簡単に
--
アバンから戦闘シーンは何かのフラグはもはや伝統
Sp0501
4話までどうやって息を合わせて居たのか忘れる位に
バラバラのコンビネーションのメロディとリズムで
途中で顔がくっ付いて潰れてるのは流石に笑ったw
辛うじて敵を倒した物の・・・
ハミー「2人に足りないのはハーモニーパワーにゃ」
今話のテーマはこのハーモニーパワーについてっぽい
その為にも2人で1つの曲を演奏すればいいと言う話ですが・・・
--
Aパート
Sp0502
早速、先ほどのバトルでの反省会から喧嘩モードになる響と奏
とても2人仲良く同じ曲を演奏なんていうのは無理そう
画像はモジューレの別の使い方
オカリナ的に吹くと幸せな気持ちになれる優れもの
でも見様によってはドラッグやってる風にも見えるから困るw
Sp0503
響ママの依頼で、ご町内を紹介する
テレビレポートの進行役をする事になった2人
昨晩必死に町の事を調べて、何とか上手に進行し様とした奏だけど
緊張しすぎて上手く喋れず、それを響に茶化される
響はどんな顔をしても可愛いなぁ
Sp0504
今話のセイレーンさん
響達がテレビに出てるのを利用し、自分もそれに便乗出場して
悲しみの唄を歌えば、町中を一気に不幸に落とせると言う
なかなか良い作戦なのに、セイレーンさんもやっぱり女の子
テレビに出るならと魔法?で何度も衣装変えして中々決らない所とか
結構可愛い所あると思った
--
Bパート
Sp0505 Sp0506
響の愉快な町ガイドも調子に乗ってきた所で
うっかり肉屋の小母さんと世間話をしてしまい奏に怒られちゃう響
仲良しや親友を通り越して「いい夫婦」って感じがどうしてもするw
しかしこの町の人達は本当に皆音楽が大好きなんだなぁ
ここまで音楽に特化した町とか、実際にあっても面白いかも
Sp0507 Sp0508 Sp0509
最初はテレビレポートなんて、と嫌がっていた2人だけど
段々と息があってきて良い感じなった所で今度は奏が
学校の音楽イケメン王子隊(笑)にインタビューするシーンで
またも緊張してガチガチになった所で、ソッと響のナイスフォロー
まぁ、ただ御尻を抓っただけですけどw
でもそのお陰で、王子先輩の前だといつもガチガチだった奏も
無事にインタビューが出来て一安心
ここでサラッと王子先輩が良い事言うんですがあえて割愛w
では可愛そうなので要約すると
「君達(響と奏)は仲良しだね^^」←要約し過ぎw
Sp0510
子供の手から離れ上空に上がり始めた風船を
咄嗟の連携プレーで見事に回収
この画像から分かる様に、やっぱり響が主人公なんだなぁと痛感
でもそれと同時に奏が居るから、響が引き立ってる感じで
本当に上手く連携の取れた、心の通じ合った親友で素晴らしい!
Sp0511
セイレーンさんwそれは絶対何かが違うと思うw
そして毎回のパターンと言うか、プリキュア達の目の前で
悪さをし様とする潔さで、素晴らしい作戦も全て台無し(^^;)
奏「音楽は皆を笑顔にする物」
響「その音楽で不幸を撒き散らすなんて」
2人「絶対に許さない」
都合よく、メロディ・リズムよりも高くジャンプするネガトーンで
2人は「さっきみたいにry」と、風船キャッチ作戦で攻撃
これが今話のテーマである「ハーモニーパワー」でした
本編では特に細かく説明が無かったけど、ハーモニーパワーとは
要するに「息の合った力」かな?・・・直訳だなぁw
Sp0512
自分達の連携に自分達が感動するの図w
本当に嬉しそうで見ているこちらまで嬉しくなってしまった
決め技はもちろん「プリキュア・パッショナード・ハーモニー」
Sp0513 Sp0514
今話のオチはまさかの2本立て
1本目は、晴れて2人で同じ曲を演奏する事になった響と奏
でも響のブランクが長すぎて、全く弾けなくなってるのに呆れて
きっちり1曲弾ける様になるまで「絶対に許さない!」的にご立腹
怒られてる響がタレ響状態で可愛いw
2本目は「祝!セイレーン様テレビ御出演」
パーティーの準備までして、自分が出るテレビを観るって(^^;)
そんな事より、その花飾りは誰からの贈り物だろうかw
後、テレビがブラウン管って・・・突込み所多すぎて大笑い
--
次回予告
「ガミガミ!お説教が生んだミラクルベルティエニャ♪」
片仮名が多くて読み難いサブタイトルですw
相変わらず怒ってばかりの奏ですが何でだろう?
そろそろその理由を説明して貰いたい物です
--
終わりに少し
徐々に響と奏の息もあってきて、益々面白くなってきた
まだ本放送に追いついてないので、なるべく早めの更新をして
何とかハートキャッチの時みたいに出来ればと思う
今週は画像が14枚に・・・も少し減らさなくては・・・
それにしても響は可愛いなぁ(毎回書かないと落ち着かないw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »