プリキュア

12/04/01 スマイルプリキュア 09話

「うそ~!やよいちゃんが転校!?」
今日は日曜日、いやそもそも春休みなのに学校!?
恐らく誰もがほぼ100%疑問に感じてると思いますw
でも残念!ここは日本どころか地球でもないですからwwwww
時系列はもちろん学校のシステムだって違って当然
そしてもちろんご都合的に他の部分は地球の日本と似ています
つまりそんな細かい事に拘ってもしょうがない、と言うこと(^^)
本当にそんな事より・・・
Suma0901
やよいママ美人過ぎて感動した;;
でも髪の色が・・・まさか父親が金髪∑(´□`lll)
Suma0902
みゆきに転校すると嘘を付いた時のやよい(内面的なイメージ)
確かにこうやって人を騙して大慌てさせたら面白いと思う
でも余り調子に乗ってやってると、取り返しが付かないことに・・・
案の定、転校の嘘を100%純粋に信じたみゆきが
早速ホットな情報をあかねに話、そして次々嘘が広がり
本当に取り返しが付かない状態にまでなってしまいます
Suma09041 Suma09042
今更「嘘でした(^q^)」なんて言える状態でなくなり
口下手な自分の口からは決して言い出せないと思ったやよいは
得意の漫画で「嘘でしたゴメンね」を描いて見せ様と思ったのに
素晴らしい偶然?で描いたばかりの漫画は風で飛ばされてガックリ
こういうのを因果報応って言うんだと思うw
Suma09051 Suma09052 Suma09053
転校する前の元気の無い(本当は嘘を嘘と言えないだけなのに)やよいを
少しでも元気付けてから見送ろうと、クラスメイトからのプレゼント
これはリアルでもキツイ・・・
ここまで来たら嘘でも何でも本当に転校しないとダメな気がする
けど、もちろんそんな事やよいに出来る訳もなく
かと言って嘘でした宣言も怖くて出来ずに、その場を泣きながら退場
Suma09061 Suma09062
今回の戦いではアカオーニはエイプリルフール風に
攻撃する前に嘘の宣言をしまくって、プリキュアを痛めつけます
そんな嘘攻撃にやられっぱなしのピース以外の4人が口々に
「さっきから嘘ばかりついて!」
「嘘つきは泥棒の始まりって言うやろ!」
「私は嘘は大嫌いだ!」
「嘘ではなく正々堂々勝負しなさい!」
それぞれアカオーニを言葉攻めしますが
その言葉は同時にピースにもグサグサと突き刺さり
今にも泣き出しそうなピース(私だったら逃げて家で引き篭もってるw)
Suma09063
しかしアカオーニは全く動じる事無く(当然ですがw)
先程、風で飛ばされて来た漫画は拾ってたアカオーニは
「嘘は最高オニ、そうだよなキュアピース」と漫画を突き付け
名指しで「嘘はお前も付いてるだろ」的な事を言われて
正に万事休すのピース
Suma09071 Suma09072 Suma09073
他の4人はアカオーニが何を言ってるのか意味が分からず
その問をピースに求める様に注目し言葉を待ちます
しかし本当の事を言って皆から嫌われる事で恐れまくって
言葉も出ないピースをハッピーが優しく
「例えどんな事があってもピースの事大好きだよ」
その言葉についに固く閉じて居た心が溶けて
ピースが自分の口からゴメンナサイと真実を語る
このシーンのハッピーの顔が天使に見えて服にも感涙した;;
Suma09081
最後の締め
クラスメイトの前でもちゃんとゴメンナサイをしたやよい
皆流石に不満を言うけど、友達4人のフォローでどうにか円満解決
でも、ここでちょっとだけ罰ゲーム的な
Suma0909_3
Suma0910_2
Suma0911_3 Suma0912_3
「でもウチ今回の事でやよいの事ちょっと嫌いになったなー」
「うん、あたしも好きじゃないね」
「私もやよいさんの事嫌いです」
「えーっと、あと、わたしも!?」
れいかだけ冗談に聞こえなかったのは気のせいかなw
それに比べて嘘の付けないみゆきは可愛いなもう!
Suma0913 Suma0914 Suma0915
やっぱり皆に嫌われたと思ったやよいは大慌てしますが
「なーんて嘘でーす」の一言でホッと一息
「嘘って事は、つまりその反対で「大好き!」って事だよ」
最近みゆきの天使化ぶりが激しい
元々やよい好きから入ったけど、みゆきも同じ位大好きになった
--
終わりにもう少しだけ
相変わらず可愛いやよいに久しぶりにウルトラハッピー!
Suma0903
特に嘘を嘘と言えなくなって、困ってるSD画が凄く良かった
寄せ書きを貰った所とか、結構容赦なくやるんだなぁと思ったけど
やはり嘘とは相手を楽しませる為に付いて良い物であって
相手を悲しませる様な嘘をついて自分が楽しんでいたやよいには
これ位の罰があって当然かも
しかし今回の件で来年以降のエイプリルフールは
やよい的に黒歴史になるのは確実wやっぱりちょっと可哀想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/03/25 スマイルプリキュア 08話

「みゆきとキャンディがイレカワ~ル!?」
安定のネタバレサブタイw
Suma0801 Suma0802
↑2枚の画像に注目
良く観ると入れ替わる前と後で、ちゃんと髪型も入れ替わってます
凄い事に声まで入れ替わってるので正に完璧な入れ替わり
Suma0803
仲良し3馬鹿もとい三幹部
今までのシリーズでも少し位仲良しな幹部も居ましたが
ここまでマッタリと言うかホンワカした仲良しは初めてかも
Suma0804
何となく笑ったシーンその1
みゆきがキャンディの身体に馴染みきった瞬間
髪を自在に操れる様になって喜んでる所、かなり可愛い!
Suma0805 Suma0806
登校前だったので、授業はキャンディがみゆきの身体で受ける事に・・・
予想してた通り、今まで勉強らしい事一切した事がないキャンディは
本読も文字書きも全然ダメで、テストや黒板に落書きをしたりして
先生達はさぞや反応に困った事でしょうw
Suma0807 Suma0808
昼休み、先生から大量の補習課題を貰ってきて
意味も分からずに喜ぶキャンディを、頭に来て怒るみゆき
でもキャンディ自身はみゆきの代わりをシッカリやってるつもりな訳で
何をそんなにみゆきがプンプン怒ってるのか意味が分からない様子
でも実際にどちらが悪いと言う訳では無いから
真面目に考えるといつまでも考えさせられる、うーん・・・
Suma0809
何故この画像を選んだのか分かりませんw
今回のアカンベーは超ミニタイプ、故に素早いのか分かりませんが
なかなかアカンベーにダメージを与えるのが難しそう
素早さに定評のある(w)マーチですらこの体たらく
と、書きたかったのにこの画像ではただ遊んでる様にしか見えないw
Suma0810
ミニアカンベーに為す術ないプリキュア達に
キャンディは自分よりも小さくなって変身する事すら出来ない
みゆきを守るために「みゆきならきっとこうする!」
そう叫んでみゆきの前に立ちますが・・・
これじゃ自分の身体を他人の身体で守ってるとも見えると言う
あまりに身も蓋もない事には、あえて目を瞑りましょうw
冗談はさておき、画像はここに来てやっとみゆきは
キャンディが自分なりに必死で自分の代役をしてくれてる
と言う事実に気づき、みゆき自身もまたキャンディを守ろうとします
そんな2人の友情に感化されたのか、謎の光がー!
Suma0811
まさかのキャンディ(中の人はみゆきw)がプリキュアに!
確かプリキュア5でもミルクが普通に変身してましたが
あれはあくまで人間verとして限定的に変身していたので
今回のまさに「妖精」がプリキュアになったパターンはシリーズ初!
しかも丁寧にフルバンク付きとか・・・
全くスマイルプリキュアは今までとは一味も二味も違う
段々とシリーズ1の名作になる予感が確信に近づいた気もした
Suma0812 Suma0813
Suma0814 Suma0815
祝・初の妖精タイププリキュア登場を記念?して
4コマ贅沢に「キュアキャンディ」を大特集www
大袈裟でなく、キュアキャンディは8話までの他の5人よりも
優遇され過ぎな位に熱いバトルを見せてくれました
画像では本当はまず強パンチで叩き付けてからのローキック捲り上げ
そして再び強パンチで地面へ向けての叩きつけ、そしてパンチの連打
最後はチャージ無しの超必殺技でフィニッシュ
(流石に技名はハッピーシャワーだったのは少し残念w)
「もうキュアキャンディだけでいいんじゃry」と某AAを思い出したw
Suma0816
無事に元に戻る薬をゲットし、いつものみゆきとキャンディに戻った2人
この入れ替わり事件で更に友情を深め、画面は迸ってエンディングへ
--
終わりに少し
凄く個人的に思った事
みゆきはキャンディverのお団子頭が凄く似合ってるし可愛いと思った
それと声も・・・何か成長したハナちゃん(おジャ魔女どれみ)みたいで
当時どれみでハナちゃんが産まれた時から見守ってきた私としては
ほんの少しだけ目から汗が出てきた(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/03/18 スマイルプリキュア 07話

「どこなの?わたし達のひみつ基地!?」
サブタイのまんま、チーム結成したので次はアジトを探すと言う話
Suma0701
いきなり良いボケで暴走するれいか
流石に富士山山頂は無いわーw
それに「プリキュア道」って、れいか意外と体育会系?
Suma07021 Suma07022
れいかの天然に心底頭に来たのか分かりませんがw
ヒーロー好きとして秘密基地にも煩そうなやよいが
「私が本当の秘密基地に連れて行ってあげる!」
そしてこのドヤ顔、やっぱりやよいが1番可愛い(主観入りすぎw)
手に持ってる紙バックはもしかして、某えり子のアレでは・・・
偶然だと思いたいけど、もし狙ってるのなら相当なマニア向け
Suma0703
「だって、1度で良いから行ってみたかったんだもんv」
ぶりっ子してもやっぱり可愛い(ry
Suma07041 Suma07042
天然ボケ担当なのに、相変わらず問い詰めが好きなれいか
みゆきが秘密の場所に拘る理由を聞くと
赤毛のアンみたく、親友と秘密の場所を共有したいと語るみゆき
なるほど、多分みゆきはプリキュアになって居なくても
友達が出来たら、こういうアジト的な物を求めてそう
私も子供の頃はアジトみたいな所があれば良いなと思った事あるけど
結局計画だけして大した事はしなかったなぁ(^^;)
Suma0705
「これはスマイルじゃない、悪巧みしてる時の顔なんだよ」
ウルフルンェ・・・
一体誰に向かって宣言してるのかが非常に気になりますw
Suma0706
みゆきが以前住んでた町に、それっぽい場所を当時確保してたので
とりあえずそこへ行ってみようと向かった所、流石に既に他の子供が
そこを使っていたので、大人しく立ち去るみゆき達
ちょっぴり寂しそうな顔が見ていて切なかった
Suma0707
まだプリキュアの超パワーに慣れていないハッピー
もう7話なのに、これじゃ史上最弱のプリキュアブロッサムにも劣る
超最弱の冠がハッピーの頭上にw
Suma0708
プリキュアシリーズ伝統
「私(達)が支えてる内に早く!」みたいな流れ
定番だけどやっぱり胸が熱くなる展開
今話のアカンベーはストーリー的にプリキュアのバンク用として
設定されてたみたいで、僅か1分程で倒されてしまいます
しかも今話は5人フルバンクで2分30秒位はあった
スマプリはもちろんプリキュアシリーズはバンクがとても美しいので
いつまでも観ていたいから長くても全く問題なし!
Suma0709
結局、秘密基地の場所は図書館の本の扉にお願いする事に
そしてワープアウトした先は・・・やっぱり同じ本の扉の前w
ただの大木だと思ってた木は、キャンディが星デコルを使うクルーの一言で
なんと如何にも「それっぽい」家の形に!
そんな便利なのがあるならなんで最初から!と視聴者皆が思う事を
あかねが突っ込みますが、みゆきはビックリする程冷静に
「色んな所を見てきたから、だからこの不思議図書館が
素敵な場所だって気づけたんだと思う」
なるほど、確かにそういうものかもしれない
Suma0710
れいか「どうかしら、やよいさん」
やよい「うーん、ちょっと浮いてるね」
れいか「ええっ!」
一体れいかは何処まで天然ボケキャラになるんだろうw
てっきりチーム唯一の頭脳明晰なブレイン的存在なるとばかり
それともこれは狙ってやってるのなら、逆に相当な策士?
Suma0711
「私達だけの秘密の場所、不思議図書館に乾杯!」
先週も祝杯やってた様なw
ホントお祭り好きな子達だなぁ、何度か書いた気がするけど
今回のプリキュアは今までのどのシリーズにも属さないのが
妙に気に入っている、これからの展開に目が離せない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/03/11 スマイルプリキュア 06話

ようやく5人揃ったので話がどうなるのかと思っていたのですが・・・
Suma0601 Suma0602
「祝・せいぞろい」
まさかのいきなり祝杯からスタートw
5人集めるしか頭になかったキャンディには「ゴール」に思えたのかも
そしてやっと「説明係」的なキャラとしてキャンディの兄ポップ登場
説明の為には最初にキャンディが持っていた本が必要で
その本を取りに謎の図書館へ、本棚ワープを使って行くことに
些細な事だけど画像2枚目、5人の座り方が皆個性的で実に良い
Suma0603
ワープアウト後のレイカの顔・・・
意外にも無事に着陸?出来たのがやよいだけと言うのも謎だけどw
5人ともちゃんと靴を持ってきてるけど、緊急時用に予備の靴くらいは
この謎の場所に置いてた方が良いかも、なんてツマラナイ事を思ったw
Suma06041 Suma06042
その例の本でポップがプリキュアにして欲しい事を語りますが
内容はキャンディがプリキュアを集める前の段階から始まり
こうして今集まった所まで←今ココ!的なw
そこまでしか描かれておらず、要するにこれから先は自分達で(云々
確かにその通りだけど、それじゃあまり説明になってないw
Suma0605
自分達こそスーパーヒーローと主張するやよいの図
何となく可愛かったので貼り
Suma06061 Suma06062
チームとして戦う以上、決めポーズが必要と主張するみゆき
この台詞はてっきりやよいから言い始めるのかと思ってたので意外だった
熱い決めポーズを決めよう主張にドン引きするあかねとなお
逆に大興奮して同意するやよいと、またも意外にれいかも賛同
れいかは中立的なポジションだと思ったのに、まさかのボケキャラ?w
Suma06063
多数決で決めポーズを考える事になり
真面目?に5人でポーズを思案する
しかしこの踊りは・・・確か武◯士のあの踊りではwww
Suma06071 Suma06072
みゆきがワープアウト先を念じ違えて南極に行ったりwと言うのはカットし
いつもの様に登場するアカンベーに対して、渾身の決めポーズが決まった!
第1話のアバンの5本の光が正にそれだったとは
Suma06081 Suma06082
Suma06083 Suma06084
決めポーズが文字通り決まって悦に浸ってるハッピー達
そんな中、空気も読まずにアカンベーのミサイルがw
戦隊物的に決めポーズ中は攻撃は無しの筈なんですが
そこをあえて?ネタに使う所が逆に気に入ったw
1コマ目のハッピーの顔が可愛すぎる
Suma0610
ラストちょっと良い話
「お別れの時は笑顔で」
良くある台詞とはいえ、必死の作り笑顔からの涙を見た時
変顔に対する笑いよりも先に、ちょっぴりシンミリなった
--
以上、今回はただ決めポーズを決めるだけのお話でした
スマイルはギャグよりで進むのかまだ確定はしてないけど
今まで無いスタイルになるのは間違いないと思う
これからの展開に期待大!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/03/04 スマイルプリキュア 05話

青色プリキュア担当の青木れいか当番回
--
みゆき達4人は5人目のプリキュアには
責任感が強くて、賢くて、優しい人が相応しいと
同じくクラスの青木れいかに目をつけて
「 い つ も の 様 に ス カ ウ ト 活 動 w 」
Suma0500
そしてこの画像である(ノ∀`)
従来のプリキュアと明らかに違う、斜め上どころか宇宙の彼方にry
しかし土下座も虚しく、あっさりと断れれるみゆき達
普通に考えて「即ok」する人の方が珍しい気がしますがw
でもこんな事で挫ける様な4人ではありませんw
耳聡く、もとい偶然れいかの少し大きな仕事を知り
4人はそれを手伝う事に
--
そのイベントとは、みゆき達の通う中学校には幼稚園児を招き
読み聞かせ会をしていて、何故かそれは生徒会の仕事で
イベント担当の生徒会長が急病で寝込んでしまった為に
副生徒会長である、青木れいかが担当
イベントを手伝う事にしたみゆき達の案で
読み聞かせ会は、紙芝居風味になる事になったのですが・・・
Suma0501
場面は一気にすっ飛びますw
紙芝居読み聞かせ会は開催され、全て順調に事が運んで居たのに
ここで新幹部マジョリーナ登場、イベントをメチャクチャにされて
いつもの様に変身し戦うハッピー達4人組
そして安定の(れいかに)即バレ+サニーのツッコミw
で、毎度の様にピンチになった4人を、れいかが助け様と勇敢にも
アカンベーの前に立ちはだかります
れいかは今までの4人と違って、何処か大人びてると言うか
先に書いた、責任感+優しさ+賢さに相応しい感じがとても出てて
これは人気が出そうな予感、顔つきが他の4人と違い過ぎるw
Suma0502
キュアビューティー!
「美しい」が服を着て歩いてるって感じは確かにするw
お馬鹿な4人は、一発大技をいきなり撃ち尽くして
分身した鏡型アカンベーをどうする事も出来なかったのに
ビューティーはその知性で冷静に分析し
本体の左右対称にならないパーツ(リボン)をサクッと発見し
見事にアカンベーを撃退
これからはビューティーが頭脳担当になると思うので
どんなバトル展開になるのか楽しみが増えた
Suma0503
因みに今回のピースじゃんけんは「グー」
結局順番にチョキ、パー、グーと来たので次回からはランダム
更にオマケに今週もサ○エさんに勝ちましたw
Suma0504
5人勢揃いの図
とにもかくも無事にプリキュアが5人揃った!
次回からがスマイルプリキュアとしての本領が試される所
私個人の現段階での予想としては・・・
5人物なのでとにかくテンポ良く話を進めて行き
毎回(重要)各キャラクターに上手にスポットを当てる事さえ出来れば
ハートキャッチ超えも狙えるかもしれない、と思っている
同じ5人組の「5/gogo」が話が間延びし過ぎてちょっと辛かったので
とにかく勢いが大事かなと
--
オマケ
Suma0505
ビューティーも意外とあざといw
今回のスマイルプリキュアは黄色と青の2人勝ちかと思ってたのに
予想外にも5人とも満遍無く人気がある様で
つまり今の所、キャラ立ちはokって事だと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/26 スマイルプリキュア 04話

4人目登場回
Suma0401
何は無くともやよいのシーンから^^
中二で手作り弁当(しかもキャラ弁)とかかなりの高スペック
あざとイエローの2つ名は伊達じゃない!
Suma0402
仲良くお弁当を食べてる3人に謎の上級生らしく子達が乱入
どうやらいつもそこでお弁当を食べてたみたいで・・・
実はこのシーン見た瞬間失礼ながら笑ってしまったw
ちょっと話が横道になるけど少しだけ
私が毎日の様にやっているオンラインゲームでも
各コミュニティ(仲良し同士)毎に所謂「たまり場」的な場所があり
そこでやっぱり同じ様に「そこウチらがいつも居るんだけどー」みたいな
そんな幼稚な事を言って来る人って、実際に居たりするから驚く
あかねじゃないけど「そんなん早い者勝ちちゃいます?」って言うと
まぁ逆切れされたりと色々とw
さておき、中三の思考とは思えない先輩方に退去を強いられた3人に
緑川なおが仲裁に入り「皆が使う中庭でその理屈はおかしい」とツッコミ
見事に先輩方2人を言い負かします(謎のイケメソ生徒会長もくるけどw)
どうやらなおは正義感の強く、とても意思の強い子らしい
Suma0403
んもーw画像は極力少なくしたいのにw
こんな可愛い子が出たら専用で画像を貼るしか無いじゃない!(ノ∀`)
なおの2番目の妹「ひな」!?パパ聞きも「ひな」も女神だったし
ひなって名前は可愛い子が多いのかなwww
ツインテール最強!!!!!
Suma0404
学校では正義感の強く、意思の強そうななおだけど
家に帰れば沢山居る妹弟たちのお母さん代わり的な優しい一面も
これはもしかして意外と人気が出ちゃうかも
Suma0405
今話で最も突っ込みたかった場所w
河川敷は分かる、問題はサッカーコートの向きと河川敷の広さw
これじゃ川側にあるゴールへシュートして外れたら詰むwww
多分DVD版では直すと思うけど・・・
子供達が走ってる方向もおかしいし(^^;)
細かい突っ込みはさておき、なおから家族は自分に取って
かけがえの無いとても大切なものと聞いたみゆきは
なおこそプリキュアに相応しい!と確信します
Suma0406
色々とお約束
後からやってきたやよいとあかねも一緒に
なおファミリーズと楽しく遊ぼうとしたら、アカオーニ登場
早速変身する3人、ピースのじゃんけんは毎回違うらしい
アカオーニは先週チョキだったと思ってグーを出したのかな
Suma0407
家族をとても大事にするなおに
アカオーニから「家族なんて最後はバラバラになる」と言われて
ムカブッチンきた(そんなイメージと言うことでw)なおは
不甲斐なく(話しの都合w)倒されてしまったプリキュア3人に変わり
アカンベーの前に立ちはだかり弟妹達を守ります
今までの3人と違って、なおは躊躇なく化け物の前に立った所が
なおらしい所を表しててとても良いと思った
Suma0408
何と言う事でしょう!なおの真剣な思いを感じとったキュアデコルが
なおをキュアマーチに導きました
これも後1回は最低あるので、お約束と言う事で
それにしても決め台詞が「直球勝負」なのに必殺技がサッカーって
ちょっと無理があるんじゃないでしょうか(^^;
ともあれ無事に4人目のプリキュア、ゲットだぜ!じゃなくて揃いました
--
次回はいよいよキュアピース並に注目されてる青い子の出番
一体どんなお話になるのやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/12 スマイルプリキュア 02話

赤い子(キュアサニー)の当番回
なので、私の大好きなやよいも登場シーンは僅か;;
Suma0301
体育のバレーの授業でのレシーブシーンより
必死にボールを打ち返そうと焦ってる所も可愛い!
--
さて・・・書くことが無くなってしまったw
気付いた事など少し
・日野あかねの偽関西弁はちょっと・・・
もっとネイティブな発音が出来る人なら良かったのに
・今回のプリキュアは大技(決め技)を使う時に
「気合!」を大量に消費?するみたいですw
必死に踏ん張って気合を貯めるシーンとか観てると
遙か昔に放送されてた「ラムネ&40」のダ・サイダーを思い出して
「上がれ血圧!限界まで!」←どうしても笑ってしまうw
・吉瀬やよい(キュアピース)のキャラスレの勢いが凄い事に
これは・・・次回3話は2ch板落ちるかも((;゚Д゚)ガクガクブルブル
--
では、また次回に( ´ω`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/05 スマイルプリキュア 01話

ついに始まった、シリーズ9作目になるプリキュア
タイトルは「スマイルプリキュア」
今回は13話坊主にならない様に、最初から目的?を明確にし
なるべく簡単に自分の好み部分のみをまとめるつもり
さて、早速・・・
Suma0101
キュアピース!可愛すぎいいいいいいいいいいいいい!
青い子も可愛いけど、断然キュアピース
ぶっちゃけ今回のプリキュアは大きな友達を狙いすぎ
でも、それならそれでこちらも有難い訳で
Suma0102
続けて、変身前の吉瀬やよい
中の人がイカ娘と同じ人だからか、とっても好み
キュートで愛らしい顔のやよいにピッタリの声で大満足
--
ただ1つ気になるのは、萌え路線で続けるのかまだ不明だけど
それだけでは皆すぐに飽きてしまうし
やっぱりプリキュアといえば、子供も大人も納得出来る良い話
これが無いとまたスイートの時みたいに・・・
スイートも根強いファンにはウケてたみたいですが
女児向けアニメは視聴率より玩具等の売上が重要視されるので
誰もが毎週観たい!玩具も買いたい!って思える話になると良いなぁ
--
売りスレみたいな話はココまでにして
1話は主人公の自己紹介と変身→初勝利まで
書く順番が逆の気がしますが今回のプリキュアは5人組
(スマイルはプリキュア5(以下5GOGO)のリメイク版らしい)で
その5人の登場&プリキュア変身を5話までにやるみたい
そして次回予告では2話は赤い子の当番回、キュアピースは3話?
プリ5の時も、主要キャラ全員登場は速攻だったし
全48話程度だから、悠長に登場させてたら話が終わってしまうw
--
他細かい事は、気付き次第また書くとして
今話はココまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/01/29 スイートプリキュア 14-48話

随分長い事おやすみした気がします
スイートも既に最終回を終えて新シリーズも始まりますが
今更、簡単に今までのスイートを振り返り
スマイルからまた少し続けてみ様と思います
以下、ネタバレなので見たくな人は気をつけて下さい

















--
オチから書くと、光も闇も共存すべきと言う話
光ある所にまた闇もある云々、厨二設定の王道です
--
で、スイートを全話感想を掛けなかった言い訳を
単純に「響かわいいよ響」しか見所か無かったと言うか・・・
女神の調を奏でるシリーズ初の小学生プリキュアである
キュアミューズの投入が遅すぎた事
そして余りにも波のない、平坦なストーリー
最後のラスボス「ノイズ」の復活に至るまでのお話も
大した緊張感もなく、それどころか悪の幹部をギャグ要員にして
お笑いまで取ろうとする始末で何ともいやはや・・・
確かに子供向けであるので、平坦でワンパターンな話にした方が
子供には取っつきやすいかもしれませんが
それを差し引いても、もう少し頑張って欲しかった
話に深みがなさすぎて、最後2ヶ月のお話的に盛り上がるシーンも
緊迫感も無く、ただいつも通りに話を進めるだけ
で、最後はメロディの
「私は自分(悪の塊)の存在に苦しんでいるノイズを助けたい」で
ノイズを音楽の奇跡の力で助けて終了
--
「皆辛い思いを胸に抱えてるから、音楽で気持ちを明るく持ち生きている」
--
テーマは凄く良いのに、アニメが初で慣れない監督が悪かったのか
この大きなテーマは本作中に気持ち程度に語られた程度で
最後にメロディが(実はこう言う話でしたと言う)オチを語って終了
実に勿体無い・・・
あと1つ最終回で思わず笑ってしまったシーンがw
Sui4801
最後の最後はプリキュア4人のフルバンクで決めポーズ!
「私達の戦いは終わらない!」(それ打ち切り最終回のry)www
もちろん通常版のED付・・・尺余らせ過ぎでしょう・・・(´・ω・`)
ともあれスイートプリキュアも全話終了
声優さんを始めスタッフの皆様お疲れ様でした
--
Sui4802
次回のスマイルはキャラがあざとすぎるけど絶対観ますwww
だってイカ娘の中の人こと、金元寿子が出てるのだから(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/13 スイートプリキュア 13話

Sp131s
ハミィとセイレーンの昔話し
てっきり謎の黒いプリキュアの正体が分かると思っていたのに
どういう訳かこの猫ちゃん2匹を深く掘り下げる
セイレーンは元々とても優しくて賢い猫で
ハミィは生まれながらの超天然キャラだと言うのが分かったw

Sp132s
ハミィから昔話を聞かされて、何か思い出したのか
突然泣き始めるセイレーン、これはもしかして仲間フラグ?
と思ったらマイナーランドのボス・メフィストに再洗脳されてしまい
結局また今まで通り、ハミィとセイレーンは敵対関係

Sp133s
ハミィは「涙が溢れた時は月を見るといい」とセイレーンに教わった
つまりこれは・・・再洗脳とか思い付きで書いた物の
やっぱりセイレーンは普通に良い子で、ただ洗脳されてるだけっぽい?
--
終わりに少し
とりあえず、この度7話から13話を一気に書き上げてみた
感想と言うには余りにもお粗末な物になってしまったけど
実際にそこまで深い話でもないし・・・
今までも再々書いて来た通り、現状のスイプリは(個人的に)
響の可愛さを堪能するのが継続視聴の最大理由w
とは言え、何故だろう所々に伏線を張ってあるのに
どう言う訳か「それら」に気づく事がなかなか難しい・・・
今回一気に簡単感想を書く際に、早送りでビデオを観てて
「あー、そういう事か」と感心するシーンがいくつかあった
ただ問題はそれに一体どれだけの人が気付いてるのやら
スイプリはハートキャッチとは違う種類の良い話なのは
間違う事の無い事実、それだけに若干分かり辛い展開は
とても勿体無いと思う
この13話にしても、何故1話丸々ハミィとセイレーンの話を?
恐らく後々生きてくるのだろうけど・・・
展開が唐突過ぎて、作品自体のまとまりが薄れて見えるのが
とても勿体無いと思う
今後はもう少し「全体のストーリーが見える」様になると良いなぁ
現状ではただ、響と奏の夫婦喧嘩漫才に毛が生えたような・・・
それはそれで良いのかもしれないけど
歴史ある
プリキュアと言う作品として見るとやや残念な印象を受ける
これから3人目、4人目と増えてくるのだから
プリキュアシリーズの共通目的である
「世界を救わなければならない!」をいい加減に前面に出し
メリハリのある展開を希望
って、後書きの方が長いってどういう事?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧